ご主人様(マスター)はどこ?不思議な不思議なこの世界
kirakira
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
kirakira
kirakira
20:39:24
第二章  似てない自分


あの日からサラは11年。
マルフォイ家に支えられ、愛をもらい美しい女性に育った。
髪はサラサラで綺麗なブラウン。
目は薔薇のようなレッド。
11歳とは思えない美しさのサラだったが、性格は子供っぽく、甘々お嬢様だった。
一方ドラコは、サラには甘いが頼りになるお兄さん的な存在になった。
今ではサラにとってドラコの存在は大きい。
ドラコなしではいやだと駄々をこねる。

そんなサラとドラコに手紙が届く。

「サラ、ドラコお前たちに話がある」
と夜食が食べ終わった後に言われた。

「はい、お父様。」

「父上。どうされましたか?」

「お前たちにホグワーツから手紙が来ている」

「ホグワーツに入れるのですか?」

「そうだよ」
本当はというとルシウスはホグワーツではなく違う専門の魔法学校(アームストロング魔法専門学校)に入れたかったが、ナルシッサが反対したためホグワーツに通わせることにしたというのは内緒の話だ。

「まぁ!嬉しい!サラね、ずっと楽しみにしていたの。だってお兄様と一緒に行けるんだもの!」
サラは本当に楽しみだったのだ。

杖もまだないというのにルシウスに買ってもらった簡単な魔法集を暗記したり、魔法薬について勉強したりしていた。
理由は本屋で見つけた、『ハリー・ポッター』の本でだ。
憧れていたのだ。
サラと同い年なのに有名だったハリーがとても望ましかった。
だから、サラはホグワーツで成績優秀になるため、ハリーに会うためとずっと思い続け、やっと入学で来るのだ。

「サラ。あっちでは僕の事お兄様って呼ばなくてもいいんだよ、いつも言ってるだろ?ドラコでいいって」

「サラにとってはお兄様だから!」

「いいじゃないか、ドラコ」
とやはりサラが可愛いのか笑顔でサラの頭をなでる。

「父上まで・・・」

「サラにはほんとに甘いわね」
あきれ顔で呟くナルシッサ

「私はドラコを信頼しているからね」

「はい」

「サラ、ドラコの言うことをちゃんと聞くんだよ?」

「うん!」

「いい子だ。明日4人で買い物に行こう」

「サラね、梟の名前決めたの!」

「まぁ!早いわね。なんてお名前にしたの?」

「お母様だけに教える!お耳かして」

「あら。女の子同士の秘密ね」

「言っちゃだめよ!あのね」

小さくナルシッサだけに聞こえるような声で名前を呟いた。

「―――だよ」

「サラちゃんらしいわ」

「私に教えてくれないのか?(´・ω・`)←」
少ししょんぼりしたルシウス

「だーめ!女の子だけの秘密なの!」

『ねー?』

と、ナルシッサとサラは顔を見合せながら言った。

「では後で聞かせてもらおうかな」

「後でね!ではお父様、お母様お休みなさい」

「おやすみ。サラ。ちゃんとお風呂ははいるんだぞ?」

「おやすみサラちゃん」

「ちゃんと入るもん!お兄様行こー」
と言って、ドラコの手を引っ張る

「おっと・・・。父上、母上おやすみなさい」

「おやすみドラコ」

「サラを頼むよ」

それから二人は自分たちの部屋に戻った。

kirakira
kirakira
19:18:10
  


[がサッ]
という音に目を覚ます。

「一体なんだ?夜中だというのに・・・」
気だるそうにルシウス・マルフォイは玄関前に行き

「ルーモス(光よ)」
と呪文を唱え明るくした。

まさかドアの向こうに子供がいるとは思わないだろう。

ゆっくりとドアを開ける。

「!?なぜこんなところに!?」
すぐに抱きかかえると、胸元に紙がある事に気付き開いた。

[ルシウス。こいつはあのミルフィオーレの娘だ。
何か役に立つかもしれん、お前たちに預ける。
今は見えないが闇の印が腕にある。
その子の名はサラだ、フランが叫んでいた]
と。
卿らしい文だった。
だが・・・

「なぜあの一家の娘をあの方が・・・」
―――殺さず生かしておいたのだろうか・・・

不安が募った、だが。

「あの方がおっしゃるのなら・・・」

そう言ってルシウスはサラの寝顔をのぞき

「サラ。今日からミルフィオーレではなく、サラ・マルフォイになるのだよ」
と、言葉のわからないサラに猫なで声で問いかけ、そっとベッドに寝かせた。

そこから、サラの生活は大きく変わる事になった。

kirakira
kirakira
13:40:39
  


いや~・・・
なんか自分丸出し?
ちょっ!おまっ!こんなことドラコにやらせんなよ!
的なのやマルフォイ家のキャラ崩壊シーンもいろいろあったりします。はいww
そしてネタばれシーン満載!
それでもおk?

ドラコorセブルスメインで子世代、ちょっぴり親世代入ってきます←



てなわけで!
            ↓







外に出て、すぐ近くに一つポツンと建てられた十字架の墓・・・

「――――・・・今日もあの飴持ってきたぞ?・・・もう会えないのか?」

キラキラと輝く星空の下で十字架が置かれた墓の前に花やイチゴキャンディを置き、ドラコは呟いた

「ねぇ、パパ。―――ってだぁれ?」

「!?」
ビックリし、勢いよく振り返った。

そこにいたのは、ドラコとアステリアの間に生まれた[スコーピウス・ヒュペリオン・マルフォイ]だった。
ドラコについてきたのだろう。

「あぁ。スコーピウスか・・・―――かい?僕の一番大事な人さ」

「じゃあ、パパはママのこと好きじゃないの?」

「好きだよ。でもな、スコーピウス・・・――――は特別なんだ。ママには内緒だぞ?」

「うん!」

「よし、偉いな。明日ママと買い物に行こう」

「ほんと!?」

「好きなものを買っていいぞ」

「わーい♪」

「さぁ。スコーピウス、寝る時間だろ?家に戻るんだ」

「わかった。ねぇ!またお話聞かせてね!おやすみパパ」

「あぁ。おやすみ。スコーピウス・・・」

キラキラと輝く星を見上げ

「―――・・・」

涙があふれ出そうになったがぐっとこらえ、家に入った。
そんな悲しげなドラコの後ろ姿を・・・
きっと“あの子”は見ているのだろう・・・






賢者の石


第一章     双子として育てられた女の子   



ある有名な一家のもとで暮らす、双子として育てられた二人。


だが・・・


二人は双子でも・・・親子でもなかった。


そうやって育てられた子の一人はサラ。

サラはミルフィオーレという有名一家の一人娘だった。

だが・・・

一家は一夜にして消え去った。
幼いサラを残して・・・。

なぜ消え去ったのか?

ミルフィオーレは『デス・イーター(死喰い人)』だった。
代々スリザリンであり、サラの親は卿につかえていた。

だが、ある日。
一家はデス・イーターを裏切り、卿をも裏切った。

理由は何だったのか、未だ卿と[一人の男]以外誰も知らなかった・・・


裏切った次の日に襲われた。
サラの親は戦った、幼いサラを守るために。
だが勝てるわけがなかった。

その相手は言わずともわかるでしょう・・・

『例のあの人』と呼ばれた・・・


        [ヴォルデモート]

サラの母フラン、父スパナを亡きものにしたヴォルデモートだったが、サラには手を出さなかった。

その代わり、自分の身の危険がわかっていたのだろうか。
ヴォルデモートは自分の身をサラに託し、見えない『闇の印』をサラの腕に焼き付けた。
再びヴォルデモートがサラの前に現れた時、その印が浮き上がるのだ。
痛みとともに・・・
罪のないサラに、身体的な苦痛が、未来で待ち受けている・・・


だがなぜ殺さずこんな手間のかかる事を卿がしたのか?

『デス・イーター』は[一人の男]以外誰も知らなかった。
そしてサラを預かった家族も・・・
その理由を知らなかった。


そのあとミルフィオーレ家を潰したヴォルデモートは用済みしたサラを抱きかかえ、
紙に杖を走らせ文字を書き、ある場所に運んだ。

死喰い人の代表ともいえる、ルシウスの家。
そう


[マルフォイ家]に

そう・・・

サラを預かった一家とはマルフォイ家のことだ。






kirakira
kirakira
00:00:49
 
主人公

サラ・マルフォイ(ミルフィオーレ)

幼い時からホグワーツに入って一年ぐらいまで、ずっとマルフォイ家の双子だと言われ育てられた少女。
幼い時、例のあの人に親を殺されてしまった。
とても可愛く。優しい。
でも性格は子供っぽく、よくドジをする、困ったちゃんだが、みんなから愛される子。
みんなが幸せならそれでいいというとても心やさしい持ち主だったが、ある日・・・?

パトローナス→大蛇(白蛇)
あだ名→スリザリンの姫(いつもはサラか姫と呼ばれている)・美しき悪の姫
目→レッド
髪→金髪混じりのブラウン、少し巻いている
身長→158

最終的にサラは・・・?



重要人物


フラン・ミルフィオーレ(スーザラント)

サラの母親。
サラがまだ幼いころに、例のあの人に殺された。
代々スリザリンで、例のあの人んのしもべ(デス・イーター[死喰い人])だったが裏切ったために殺された。
ある家族をかばおうとしたためだという。
その家族とは・・・?

パトローナス(守護霊)→白いたち
あだ名→スリザリンの姫(スリザリンの何人かは姫と呼んでいた、いつもはフランかスーザラント)
成績→とても優秀
性格→子供っぽいが、いざとなると男のような口調になる
目→アイスブルー
髪→ブラウンでロングストレート
身長→156


スパナ・ミルフィオーレ

サラの父親。
以下フランと同じ。

パトローナス→大蛇(白蛇)
あだ名→スネーク(グリフィンドールからそう呼ばれていた。いつもはスパナ)
成績→とても優秀
性格→悪戯好きでよく、グリフィンドールの例の四人組を痛めつけていた。
目→レッド
髪→金髪で後ろで小さく縛っている
身長→180
その他
蛇語が喋れる、聞き取れる
飼い蛇の名前がターニャ
大蛇に変身できる

Theme:自作連載小説 Genre:小説・文学│ Tag:スリザリン小説│ Category:妄想小説│ コメント:--│ トラックバック :--
kirakira
kirakira
2010
01/31
11:50:53


!?

血の海に佇む政宗、その直後目が覚める。

ガバッ

「…政宗様…!!」
起きた時、前の自分はいなかった…

<彩華>それがわたくし。

ガチャン

「おっと。ノックもせず申し訳ございません、起きていらっしゃいましたか。」

「敬語はいい、前のようにしてくれ。」

「変わってないな…
お帰り彩華」

「あぁ。政宗様は?」

「下で待っておられる、邪魔はしない」

「ありがとな、わたくしが殺された後も…お前は政宗様を励ましてくれたそうじゃないか。感謝する。伊達の頭領が弱気心じゃつとまらないからな、じゃっ…」

「政宗様を頼んだぜ」

「任せろ♪」

[赤飯を炊かなければならないな。彩華、政宗様]

ゆっくりと渦のような形の階段を降りると

「お帰り…彩華」

「政宗様…」

涙を溜め政宗に抱きつく

「会いたかった…あの日からずっと…」

「俺もだ…彩華…」

「天で貴方が知らない女とくっついた時、胸が張り裂けそうになりました…」

「子孫を作るためだけの女、愛しているのは彩華、お前だけさ」

「嬉しい…」

「お前がいつ俺の元に戻るかそわそわしていた」

「蒼龍家を滅ぼさなくて良かった…わたくしは…貴方と二度と繋がれないなら一層滅ぼうと…ですが神が…わたくしにチャンスをくれました…」

「だから男しか生まれなかったのか、滅びなくて良かった…俺が生まれ変わった意味がなくなるからな…」
「政宗様…」

そして、政宗との相部屋で彩華は一夜を過ごした。


ちなみに小十郎の大量に作った赤飯とおかずも食べました。


「お前!!いくらなんでも多すぎる…」

「わたくしの大好物(〃∀〃)覚えていてくれたんですね」

「勿論、エビが入っているものすべて作ってみた。」

「嬉しい…ありがとな♪」

「沢山ある、食べてくれ」

「小十郎も食え!!こんな食えるわけないだろ」

「私も相席して宜しいのですか?」

「いいに決まってんだろ(笑)」

「ほら♪」

「政宗様…彩華…では。」


ガヤガヤといつまでも。

伊達と蒼龍は合同になり、伊達の中に蒼龍家の名が刻まれた。


フィクション丸出し(笑)

蒼龍家何て存在しません!!

間違っても探さないでもらいたい!!


にしても短いですねぇ…
力つきました…

ちなみに中井さんを否定するために書いたものではないです!!!
BASARAを否定するために書いたものでもございません!!!

また何かの妄想小説が公開されるでしょうww

お楽しみに(*^^)v

kirakira
kirakira
FC2カウンター
kirakira
kirakira
プロフィール

レイン・ミルフィオーレ

Author:レイン・ミルフィオーレ
みんなーーーー♪俺様に気軽にコメントし・て・ね☆

中傷的なのやめてね…

ちなみにパソ子からなのでけーたいの方見づらいと思いますがさーせん(・・;)


ではでは


俺様 華夜組 特攻隊長である!←部活で考えた戦国にもしもタイムスリップできたらという妄想で作り出された組ですww
蒼龍 さや

飛行訓練の先生でもあります←ホグワーツの先生になれたらという妄想で作り出されましたww
生徒ではスリザリン生
名前  サラ・ミルフィオーレ

パンドラハーツの夢小説では
レイラ=パンドラクス

ものすごドMでーすww
ドSかかってこいやー!
愛として受け止める!!


俺様言ってるけど実は♀←あはっ☆

じゃんじゃん行くよーーーww

好きなアニメ
・パンドラハーツ
・戦国BASARA
・ギャグ漫画日和
・ヘタリア
・家庭教師ヒットマン~リボーン~
・銀魂
・テガミバチ
・ミラクル☆トレイン
・ヴァンパイア騎士
・ポケモン
・黒執事
・桜蘭高校ホスト部
・デュラララ!
・ナルト疾風伝
・フェアリーテイル
・イナズマイレブン
・ブラックラグーン
・ワンピース
・ワールド デストラクション
・07-GHCST
・恋姫†無双
・今日からマ王
・ひぐらしのなくころに
・うみねこのなくころに
・コードギアス
・遊戯王
・犬夜叉
・鋼の錬金術師
などなど。
いろいろありすぎて面倒くさいです。

中井さんが出てくる番組・アニメならほぼ見ます!!!

映画
・アンナと王様
・ハリーポッターシリーズ
・パイレーツ オブ カリビアン

イギリス人俳優
・トム・フェルトン(ドラコ・マルフォイ)
・アラン・リックマン(セブルス・スネイプ)
・ジェイソン・アイザックス(ルシウス・マルフォイ)
・クリスチャン・コールスン(秘密の部屋でのトム・リドル)
ハリポタです。

ハリーポッターのスリザリン(悪役)もっさ大好きです!!!





アーティスト
・GLAY
・フェロ☆メン
・ガクト
・浜崎 あゆみ
・ナナムジカ
・アリプロ
・サンホラ
・RADWIMPS
・T.M.Revoloution
・abingdon boys school
・ナイトメア
・AAA
・ボカロ
・キャラソン
などなど


好きなゲーム
・戦国BASARA
・ナルト
・ポケモン
・イナズマイレブン
・薄桜鬼
・マリオシリーズ
・ハリポタシリーズ
・乙女ゲー
・BLゲーム


・・・PS3・PSPが欲しい!!!

 
声優さんどんとこい!
愛してるぜー!!!!!!!!!!!!!
特に中井 和哉さん!
鳥海 浩輔!
諏訪部 順一!


・浪川 大輔
・速水 奨
・保志 総一朗
・小野 大輔
・神谷 浩史
・福山 潤
・柿原 徹也
・KENN
・森川 智之
・子安 武人

etc

俳優
・三枝 享祐
・土師 孝也←声優でもあります
・諸角 憲一←声優でもあります
・江原 正士←声優でもあります



腐女子時々リア充ww
歴女

リア充爆発しろとか言わないで!
きゃー
歌ってもダメぇ(泣

こんな俺様でも人間だ!
キラッ☆

一人楽しすギルZEーーーー!!

なんか
「あぁ…もうこいつ駄目だゎ…こうしなさい」
ってのがあったらなんかメールとかしてくれてもかまわんぜよww
この竜の嫁にお申し付けください。

下のメールフォームにご案内。

まぁ楽しんでって下さいよ~ww

kirakira
kirakira
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

kirakira
kirakira
初音ミク 名曲メドレー


presented by 初音ミク オリジナル

kirakira
kirakira
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
QRコード
QRコード
kirakira
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。